2013年12月14日

■お勧めのジャズ:ピアノが呼んでいる「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」

■お勧めのジャズ:ピアノが呼んでいる「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」

大人気ベスト・ジャズの第2弾! ピアノを聴くならこの100曲から!

人気ピアニスト達がよく知られたジャズ・スタンダードを演奏。

ジャズ入門にも最適なガイドです。

★ブルーノート、パシフィック・ジャズ、キャピトルをはじめとする一流レーベルの音源から選曲

★全曲オリジナル通り完奏

★聴きやすいテーマ別の編集

「スタンダーズ」と言うだけあって多くの人が知っているスタンダードを集めている。

音源の豊富なブルーノートなので、選曲も上々。

コンピレ盤の鑑、コンピレ盤はかくありたいという好例。

BGMとしても最高です。


キラ星の如く、という表現がありますが、まさしくこのCDに捧げられるべきものだと思います。


★「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FPX0CA/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ldmrzuy


■モニターとCRCのためのGCPメル“ガマ”vol.562■
posted by ホーライこと森の番人 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

秋におすすめのジャズ★Moanin'(モーニン)/Art Blakey & The Jazz Messengers

ジャズファンなら誰もが口ずさんだといわれるアート・ブレイキーの代表的名盤。

モダンジャズ史上最強のひとつに挙げられるイントロで始まる『モーニン』。

ファンキージャズといえばまず真っ先に思い浮かべるのが『モーニン』だろう。

ボビー・ティモンズのペンによるこの曲は、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界中でヒットした。

モダンジャズ黄金時代を象徴する名曲で、日本におけるジャズブームの火つけ役ともなった。

この曲は幾度となく演奏されているが、最良のヴァージョンはやはりここに収められた最初の録音だ。


「夜のジャズ」が聴きたかったら、このアルバムです。

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの最高傑作です。

Moanin'(モーニン)/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ




Moanin'(モーニン)/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ




posted by ホーライこと森の番人 at 18:57| Comment(12) | TrackBack(1) | バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ザ・トリオ/オスカー・ピーターソン・トリオの真髄

ジャズの空気を吸えるアルバム。

僕が初めて買ったジャズのアルバムがこれ。

最初に買ったアルバムがこれで良かった。

もし、ナケナシのお金(高校生だったからね)をハタイテ買ったジャズのアルバムがひどかったら、僕は二度とジャズを聴くことはなかっただろう。

静かに流れるピアノとドラムとベース。

3人の演奏者の息がピタッとはまり、お互いが主張しあいながらも出しゃばることなく音楽を創造していく過程を僕たちは、このアルバムを通して知ることができる。

まさにタイトル通り、このトリオならではの素晴らしさが体験できるライヴ実況盤の再発。

息の合ったプレイながら、一触即発のエキサイティングな面も見せる完成度の高さが素晴らしい1枚。

まるで観客たちと同じ空気を吸っているようです。


ジャズの入門盤としてもお奨めします。


オスカー・ピーターソン・トリオ/ザ・トリオ/オスカー・ピーターソン・トリオの真髄




ザ・トリオ/オスカー・ピーターソン・トリオの真髄




▼オスカー・ピーターソンの世界へ

オスカー・ピーターソンの世界へGo!



アマゾンのジャズ・フュージョン



【治験、臨床試験の情報サイト】

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

posted by ホーライこと森の番人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋吉敏子のベスト!!

秋吉敏子のベスト!!

日本を代表するジャズ・プレイヤー、秋吉敏子のベスト。

40余年にわたって本場アメリカでジャズ修業をし、ジャズ殿堂入りも果たした彼女の名演を収録。

「すみ絵」「ロング・イエロ・ロード」ほか。

秋吉敏子が30年間にわたって率いたジャズ・オーケストラの名曲・名演を集めたベスト版。

このアルバム1枚を聴くだけでも、秋吉がジャズの歴史の中に確固たる位置を占める音楽家であることがはっきりと分かる。

作曲面における彼女の究極のオリジナリティーは、日本の伝統的な音楽をビッグ・バンド・ジャズに持ち込んだことだ。

能楽の調べがジャズ・オーケストラのサウンドへと自然に移行していく「孤軍」は、1970年代の発表からどれだけ時間がたっても色あせることのない新鮮さを持っている。

福島県の民謡「かんちょろりん節」をモチーフにした「チルドレン・イン・ザ・テンプル・グラウンド」も名作だ。

編曲テクニックの面では、木管楽器の巧みな重ね方がトレードマーク。

しなやかで、しかし強さを持った木管のアンサンブルはこのアルバムでも随所に聴かれる。

また、自らの人生の歩みを描いた「ロング・イエロー・ロード」をはじめ、ストーリー性のある曲を書いたことも彼女の特徴だ。(松本泰樹)



秋吉敏子/ベスト・オブ・秋吉敏子

秋吉敏子/ベスト・オブ・秋吉敏子(楽天)



ベスト・オブ・秋吉敏子(アマゾン)







誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない



posted by ホーライこと森の番人 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(2) | バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

ジャズ入門■伝説の名盤『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』(チャーリー・パーカー)

(アーティスト, 演奏)
チャーリー・パーカー
マックス・ローチ
チャールズ・ミンガス
バド・パウエル
ディジー・ガレスピー


『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』は1953年、カナダのトロントでモダン・ジャズ創世記を代表するクリエーターが一堂に会して、この世に残したジャズ史上燦然と輝く傑作。

史上不滅のライヴ・レコーディングだ。


このアルバムにはチャーリー・パーカーのみならず、歴史的ビッグネームのプレーヤーが顔をそろえている。

それぞれのプレーヤーが余裕で火花を散らす、ジャズならでは即興的緊張感が良い。(これこそが、ジャズの醍醐味だ。)

特にアルバム後半の3曲が素晴らしい!!


一説によると、ジャズには名曲は無く、名演奏だけがある、ということらしいが、このアルバム『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』は、言うまでも無く、「名演奏」だ。

『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』はジャズの入門盤としても決して難しくなく、それでいて、ジャズの耳が肥えている人にはその人なりに奥行きが楽しめる、そんな逸品になっている。


一家に一枚、チャーリー・パーカーのアルバムを買うとしたら、文句無く、この『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』をお勧めします。


ジャズ・アット・マッセイ・ホール




ジャズ・アット・マッセイ・ホール




【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない
posted by ホーライこと森の番人 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズ入門■クライマックスの連続だ!『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』

もし、この『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』を聴いて「何も感じない」人がいたら、多分、その人にはジャズが不要なんだろう。


50年代の前半、ジャズは1つの転換期を迎えていた。

40年代半ばに起こったビバップをより洗練させたハードバップスタイルへの移行が、さまざまなミュージシャンたちによって試みられていたのである。


アート・ブレイキーも多分にもれず、トランペッターのクリフォード・ブラウン、アルトサックス奏者のルー・ドナルドソンを迎えたバンドを率い、ジャズ・クラブ「バードランド」でジャム・セッションを行った。

本作『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』はそのときの模様を記録したライブ盤で、まさにハードバップが誕生する瞬間の熱気をとらえた重要な作品である。

特にクリフォード・ブラウンの演奏が圧巻で、弾けるようなトランペットが鮮烈だ。

ルー・ドナルドソンも、ブラウンに触発されたかのような勢いのある演奏を行っている。


とにかくこのアルバムは聴いてもらうしかない。「ものすごい!」のだ。 言葉でいくら形容しても、形容すればするほど、このアルバムの本質から離れていくような気がする。


ジャズって、本当に楽しいよね。


バードランドの夜 Vol.1




バードランドの夜 Vol.1





村上春樹からの追伸

さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想(村上春樹訳)を読みながら聴くと楽しさが倍増です。




さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想(アマゾン)







【英語に強くなる】

ビジネス英語の達人・堪能者になるためのページ

英語の勉強方法&TOEIC攻略法

英語の達人になるブログ


【総合情報、ショッピング】

アマゾンと楽天とドン・キホーテを連携したショッピングプラザ「ホーライ屋」

きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  

【仕事のノウハウ】

仕事の達人になる方法

仕事のコツ(上級編)

3秒で分かるビジネススキル


【本・ブック】

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

科学入門図書

治験関係者に役立つ本


【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない



【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


【有名人・無名人語録】

1日1言、今週の2言


【治験、臨床試験の情報サイト】

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」


posted by ホーライこと森の番人 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

美術館巡り--国立西洋美術館

国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/index-j.html


上の公園の中に有る。
門を入るとすぐに「地獄の門」と「考える人」が出迎えてくれる。


ドレスデン国立美術館展−世界の鏡
2005年6月28日(火)〜9月19日(月)


この展覧会は、ドレスデンに居城を定めたザクセン選帝侯のコレクションを7つのセクションで見るものです。

ドレスデンでは異国文化が愛され、様々な外国の美術が集められました。
中でも、イタリア、フランス、オランダ、そしてトルコ、中国、日本の6つの国が重要でした。
セクション1では、そうした異国文化の影響を見る前に、ドレスデンのコレクションの始まりが、美術作品ではなく科学計測機器であったことを概観します。

16世紀後半に宮廷に設けられた「美術収集室」では、ザクセン選帝侯が愛した地球儀や天球儀、製図用具など、実際に使用された道具類が棚に並べられていました。
posted by ホーライこと森の番人 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術の原生林 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ピアニストを笑うな!

 
ピアニストを笑うな!


ドバラダとピアノが鳴れば、ヘゲモゲラとドラムが返す。

その勢いでN78星雲まで飛んで行け!


ピアニストを笑うな!
ピアニストを笑うな!



山下洋輔/プレイズ・ガーシュウィン
山下洋輔/プレイズ・ガーシュウィン


『ミトコンドリア』や『ハイク』という曲もあるぞ♪♪♪♪
 
 

 
posted by ホーライこと森の番人 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の原生林 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

かんたん短歌の作り方

ご存知!(?)枡野浩一のマスノ式短歌の作り方。
最近は、テレビやラジオで若者現象を解析もしているマスノ氏の短歌。

「かなしみは だれのものでも ありがちで ありふれていて おもしろくない」(枡野浩一)

かんたん短歌の作り方
かんたん短歌の作り方


「無理してる自分の無理も自分だと思う自分も無理する自分」(枡野浩一)

簡単そうでいて、これがまた俳句と同様に難しい。
その難しさを知りつつチャレンジする無謀さが好きだ。(自己愛の塊。)

posted by ホーライこと森の番人 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

愛の営みを満喫するには……

愛の営みを満喫するには……


ライフ・イズ・ビューティフル
ライフ・イズ・ビューティフル



ディア・ハンター
ディア・ハンター



ニュー・シネマ・パラダイス
ニュー・シネマ・パラダイス








それぞれの愛の形を確かめよう。。。


posted by ホーライこと森の番人 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の原生林 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。